tricera logo

Mauro Di Berardino

Mauro Di Berardino

- Italy

おすすめの作品

作家情報をSNSで共有しよう!

コミッションワークを依頼する。

こちらの作家の新作や個展情報をお知らせいたします。

Mauro Di Berardinoのオリジナル作品・絵をトライセラアート通販で16点販売中。Mauro Di Berardinoの作品の平均価格、プロフィール、個展情報なども確認できます。

Mauro Di Berardinoの作品一覧

A flower is borning

A flower is borning

158,000円 JPY w80 x h80 x d3 CM

You are mine

You are mine

158,000円 JPY w90 x h65 x d2 CM

Look at me

Look at me

263,000円 JPY w60 x h70 x d3 CM

Inside

Inside

105,000円 JPY w120 x h80 x d0.1 CM

Deep Emotions

Deep Emotions

420,000円 JPY w160 x h120 x d0.1 CM

Love Trooper

Love Trooper

315,000円 JPY w90 x h65 x d3 CM

Lo,ve

Lo,ve

420,000円 JPY w80 x h90 x d0.1 CM

Mind pollution

Mind pollution

368,000円 JPY w112 x h80 x d0.1 CM

Bird of freedom

Bird of freedom

683,000円 JPY w220 x h160 x d0.1 CM

Inside Dream

Inside Dream

1,050,000円 JPY w240 x h160 x d0.1 CM

Woman in red

Woman in red

263,000円 JPY w80 x h80 x d3 CM

Face

Face

263,000円 JPY w160 x h173 x d0.1 CM

King None

King None

200,000円 JPY w50 x h50 x d2 CM

Reborn

Reborn

368,000円 JPY w110 x h160 x d0.1 CM

Cap n.1

Cap n.1

389,000円 JPY w65 x h90 x d2 CM

I am a Hero

I am a Hero

完売 JPY w100 x h160 x d0.1 CM

More

Mauro Di Berardinoのプロフィール

プロフィールのイメージ / Mauro Di Berardino

メディウム

スタイル

価格

JPY ¥105,000 ~ ¥1,050,000

コンセプト

私にとって最も自分らしく、自分を完全に表現できるスタイルは、ネオ・エクスプレッシズムです。しかし、私はそれをストリートやポップと融合させて、非常にパーソナルな記号を作っています。私の絵画は、他の魂に語りかける魂でありたいと思っています。
私にとって最も自分らしく、自分を完全に表現できるスタイルは、ネオ・エクスプレッシズムです。しかし、私はそれをストリートやポップと融合させて、非常にパーソナルな記号を作っています。私の絵画は、他の魂に語りかける魂でありたいと思っています。

経歴

マウロは当初、独学で訓練を受けていましたが、後に芸術の世界に通うようになりました。 アートの世界に通うようになりました。彼は著名なアーティストと親交を深め、そこから新たな刺激を得て 刺激を受け、新たな技法を発見していきます。基本的には、アクリル絵の具、インク、オイルパステルなどを使って、キャンバスやリ...
マウロは当初、独学で訓練を受けていましたが、後に芸術の世界に通うようになりました。
アートの世界に通うようになりました。彼は著名なアーティストと親交を深め、そこから新たな刺激を得て
刺激を受け、新たな技法を発見していきます。
基本的には、アクリル絵の具、インク、オイルパステルなどを使って、キャンバスやリネンの紙に描く。
後者は主に、自分自身をキャンバスの上で滝のように自由にするために使用します。
初期の段階では、作品の主題は主に目であり、彼はその表情を実現するために時間のほとんどを費やしています。
彼によれば、観察者を移動させなければならない視線を実現するために、時間のほとんどを費やしている。
絵画は盲目の職業である。自分が見たものを描くのではなく、自分が何をするか
見たものを描くのではなく、見たものについて自分が何を感じ、何を言うかを描くのです。トゥオンブリーやバスキアの影響を受けて始まった第2段階では、彼は目を描くのをやめ、作品全体を目の底にある魂のようにすることにしました。具象的なスタイルから離れて新印象主義を受け入れ、そこで自分自身を完全に表現することに成功します。

おすすめのアーティスト