tricera logo

May Heathen

May Heathen

Italy

こちらの作家の新作や個展情報をお知らせいたします。

作家情報をSNSで共有しよう!

コミッションワークを依頼する。

May Heathenのオリジナル作品・絵をトライセラアート通販で10点販売中。May Heathenの作品の平均価格、プロフィール、個展情報なども確認できます。

May Heathenの作品一覧

Treasurer (Seamus Series)

Treasurer (Seamus Series)

62,000円 JPY w29 x h39 x d1.7 CM

La Reine (Seamus Series)

La Reine (Seamus Series)

63,000円 JPY w30 x h60 x d1.1 CM

Protector (Seamus Series)

Protector (Seamus Series)

59,000円 JPY w45.5 x h55.5 x d2 CM

Gatekeeper (Seamus Series)

Gatekeeper (Seamus Series)

58,000円 JPY w24 x h30 x d3.5 CM

Design Me

Design Me

58,000円 JPY w24 x h30 x d3.5 CM

No Love Lost

No Love Lost

71,000円 JPY w40 x h50 x d0.3 CM

Mother (Seamus Series)

Mother (Seamus Series)

67,000円 JPY w35 x h45 x d2.3 CM

Gravity Of Thought

Gravity Of Thought

66,000円 JPY w30 x h40 x d0.3 CM

Unheimlich 2

Unheimlich 2

71,000円 JPY w40 x h50 x d0.3 CM

Weirdo

Weirdo

完売 JPY w40 x h50 x d0.3 CM

May Heathenのプロフィール

プロフィールのイメージ / May Heathen

メディウム

価格

JPY ¥58,000 ~ ¥71,000

コンセプト

私は、女性のフォルムに焦点を当てたシュールレアリストの画家で、孤独、悲しみ、愛、人間関係などのテーマを探求しています。ダリ、ゴヤ、ベーコンに影響を受け、私のテクニックは常に進化しています。なぜなら、私は常にもっと学び、より良くなることができると信じているからです。使用する画材は、アクリルと油彩です。
私は、女性のフォルムに焦点を当てたシュールレアリストの画家で、孤独、悲しみ、愛、人間関係などのテーマを探求しています。ダリ、ゴヤ、ベーコンに影響を受け、私のテクニックは常に進化しています。なぜなら、私は常にもっと学び、より良くなることができると信じているからです。使用する画材は、アクリルと油彩です。

経歴

May Heathen(メイ・ヒースン)は、母親に倣って幼い頃から視覚表現に興味を持ち始め、想像力が彼女の親友であることを証明しました。女の子であることが誇れない環境で育った彼女は、内面的な視覚世界に影響を受け、芸術表現が唯一の聖域であり安住の地となるまでに至ります。サルバドール・ダリ、フランシスコ・ゴヤ、フ...
May Heathen(メイ・ヒースン)は、母親に倣って幼い頃から視覚表現に興味を持ち始め、想像力が彼女の親友であることを証明しました。女の子であることが誇れない環境で育った彼女は、内面的な視覚世界に影響を受け、芸術表現が唯一の聖域であり安住の地となるまでに至ります。サルバドール・ダリ、フランシスコ・ゴヤ、フランシス・ベーコンと出会い、人間の心の逸脱に魅了されていく。彼女の研究の中心には、女性が注意深く配置されており、時にはアンドロイドのようでもあるが、決して男性ではない。彼女の作品は、見る人が自由に読み解くことのできる開かれた日記のようにも見えます。彼女は、愛、悲しみ、人間関係、自己認識、母性などのテーマを探求しています。
独学で学んだメイは、さまざまな媒体や技法を試し、最終的にはアクリル画を選択します。時折、油絵具も使い始め、日々の練習に取り入れようとしている。彼女の作品は、肖像画を好む具象的なもので、女性の世界に焦点を当てており、昔の巨匠の技法や現代のアーティストを研究しながら技術を磨いています。
2008年、ベルリンのInfantellina Contemporary Galleryのグループショー「18 x 18 18 Artists for 18 October」で初めて公開されました。その後すぐに、故郷スロベニアのリュブリャナにあるAKC Metelkova Mesto(旧陸軍兵舎を90年代にアンダーグラウンドアーティストのグループが不法占拠して発展させたオルタナティブカルチャーセンター)で、初の個展「Carnival 23」を開催しました。この2つの展覧会は、メイにとって重要な節目となりました。その後、メイは生活とアート活動の拠点をイタリアに移し、ローマやミラノなどさまざまな場所で展覧会を成功させました。彼女の作品は、Out Of Step Books社のInspirational Art Booksシリーズで出版されています。また、Out Of Step Galleryが毎年開催するCoaster展(2019年9月~11月)にも参加しています。2019年10月、彼女はDark Art Movementの公式メンバーとなり、イオンギャラリーのグループショー「Exodus」(2020年3月~5月)にコントリビューティング・アーティストとして参加しています。

おすすめのアーティスト