tricera logo

Colin Ginks

Colin Ginks

- Portugal

おすすめ作品

作家情報をSNSで共有しよう!

コミッションワークを依頼する。

こちらの作家の新作や個展情報をお知らせいたします。

Colin Ginksのオリジナル作品・ミクストメディアアーティストをトライセラアートで20点販売中。Colin Ginksの作品の平均価格、プロフィールなども確認できます。

Colin Ginksの作品一覧

Infinity Pool

Infinity Pool

152,000円 JPY w50 x h69 x d0.1 CM

Beach House

Beach House

152,000円 JPY w53 x h42 x d0.2 CM

Ali Rocking His Popsicle Sweater

Ali Rocking His Popsicle Sweater

147,000円 JPY w46 x h54 x d0.2 CM

EC

EC

NFT Artwork

Silence Equals

Silence Equals

147,000円 JPY w100 x h100 x d3 CM

Hillary

Hillary

26,000円 JPY w29.7 x h21 x d0.1 CM

Baxter

Baxter

26,000円 JPY w29.7 x h21 x d0.1 CM

My Dad's Army Mates

My Dad's Army Mates

26,000円 JPY w42 x h29.7 x d0.1 CM

Rollercoaster

Rollercoaster

63,000円 JPY w100 x h70 x d0.1 CM

Always The Bridesmaid, Never The Bride

Always The Bridesmaid, Never The Bride

231,000円 JPY w90 x h150 x d4 CM

Home Sweet Home #2

Home Sweet Home #2

189,000円 JPY w150 x h100 x d1.5 CM

Home Sweet Home #1

Home Sweet Home #1

189,000円 JPY w150 x h100 x d1.5 CM

Angie

Angie

147,000円 JPY w80 x h80 x d2 CM

Not Fair

Not Fair

189,000円 JPY w120 x h90 x d4 CM

The Wane: (Idomeni, Greece; “The Hay Wain” – John Constable)

The Wane: (Idomeni, Greece; “The Hay Wain” – John Constable)

173,000円 JPY w120 x h100 x d4 CM

My Loneliness is Killing Me

My Loneliness is Killing Me

200,000円 JPY w90 x h150 x d4 CM

Untitled (West)

Untitled (West)

231,000円 JPY w150 x h100 x d4 CM

How Could You?

How Could You?

100,000円 JPY w64 x h55 x d4 CM

Sir

Sir

完売 JPY w84 x h74 x d2 CM

I'm Not Sure I Belong Here

I'm Not Sure I Belong Here

完売 JPY w47.5 x h47.5 x d5 CM

Colin Ginksのプロフィール

プロフィールのイメージ / Colin Ginks

コンセプト

私は1968年にイギリスのブライトンで生まれました。1989年にポルトガルのリスボンに移住しました。その後、2003年から2009年までニューヨーク、ヨハネスブルグ、マルセイユにも住んだことがあります。2009年にリスボンに戻り、それ以来、リスボンに住んでいます。2002年にリスボンの有名なナイトクラブ「Frágil」で初めての...
私は1968年にイギリスのブライトンで生まれました。1989年にポルトガルのリスボンに移住しました。その後、2003年から2009年までニューヨーク、ヨハネスブルグ、マルセイユにも住んだことがあります。2009年にリスボンに戻り、それ以来、リスボンに住んでいます。2002年にリスボンの有名なナイトクラブ「Frágil」で初めての展覧会を開催しました。それ以来、アメリカ、イギリス、ポルトガル、ドイツ、オーストリアで個展やグループ展に参加してきました。2014年にはポルトガルのリスボンとポルトで展覧会とパフォーマンス・フェスティバルのキュレーションを行いました。また、2000年にイギリスで出版された小説を書き、2017年からは演劇作品「My Europe」で共同執筆と演技を行い、現在も継続中です。私は、さまざまな国際的な出版物でビジュアルアートや映画について執筆してきました。

経歴

個展2022年:ポストレジデンシー展(Siilk Gallery、アテネ、ギリシャ2021年:「幸福はここに生き、幸福はここに死ぬ」、カモンイス図書館、リスボン"When We Touch We Burn"、バーチャル展、ロボ・デル・マル・ギャラリー、アメリカ/ES2020:"Constellationing", Espaço Santa Catarina, リスボン2018:"Oh Fuck Yeah "ソロ...
個展

2022年:ポストレジデンシー展(Siilk Gallery、アテネ、ギリシャ

2021年:「幸福はここに生き、幸福はここに死ぬ」、カモンイス図書館、リスボン

"When We Touch We Burn"、バーチャル展、ロボ・デル・マル・ギャラリー、アメリカ/ES

2020:"Constellationing", Espaço Santa Catarina, リスボン

2018:"Oh Fuck Yeah "ソロショー、11/10~4/11、A Montanha、リスボン。キュレーターです。エヴァ・オッド

"Dirty Little Drawings"、15/09から5/10、Late Birdsリスボン。

2017:"No Space "個展、Biblioteca Arquitecto Cosmelli Sant'Anna、リスボン。

2014:"Senhoras e senhores"/"Ladies and Gentlemen"、個展、Liberdade Provisória、リスボン。

2009:"At the Edges I am Also"、個展、Lorrie Saunders Gallery、ノーフォーク、バージニア、アメリカ

2005:"In Cock We Trust"、個展、LGBTミュージアム、NYC

主なグループ展

2021:ショートフィルム「One of the Most Beautiful Experiences I Ever Had」、ホモトピア・フェスティバル、リバプール、イギリス。

2020:"Revolução em marcha / Revolution on the March" グループショー、Espaço Santa Catarina、リスボン

ビデオ、サウンド、テキストの作品「(Un)natural Virus」が、ポルトガルのUmbigo誌のArt in Quarantine dossier(オンラインおよび印刷物)に選ばれました。

2019年:Friedensbezirk、ブラマウ、オーストリア。

2017:ウスター・プライド、イギリス。

2016:"Eu não sou uma ilha", Espaço Santa Catarina.リスボン

2006:"Art, Actually", レスリー・ローマン美術館、ニューヨーク。

アート・レジデンシー

2021:Siilk Gallery(アテネ)にてフォトグラフィック・アート・レジデンシー

2019年:KuBa KulturBahnhof(ドイツ)にてアーティスト・レジデンシー。5月に選ばれた2人のアーティストのうちの1人。

2006-2009:ニューヨークの「The Saint At Large」のアーティスティック・レジデンス。コントリビューティング・アーティストおよびアーティスティック・ディレクターとして、文化メディア・プロジェクト、展覧会、パーティー、コンサート、イベントなど幅広い分野でコラボレーションを行う。

おすすめのアーティスト